スポンサーサイト

  • 2016.10.24 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

【府中の森のSPICE BOY たち】

20131106190156.jpg
一気に完成度を上げたライブだった。

懐かしい曲あり、新曲あり。
そのどれもが痛快なロックバンド・アレンジになっている。

特にこの日は「悩んで学んで」で湊雅史のドラムがうなれば、「イナビカリ」でOTのギターが閃光を放つ。

そういえば開演前の楽屋の雑談で「最近は“ギター・ヒーロー”っていないよな。70年代はクラプトンとかたくさんいたのにさ」とOTがポツリ。「雅-MIYAVI-がいるじゃん」と言うと、「あ、雅(まさ)ね! 確かに」と笑うので、「もちろんOTもギター・ヒーローだと思うよ」と突っ込むと「あはは、オレが?」と笑っていた。

いやいや奥田さん、あなたは立派な21世紀のギター・ヒーロ―でんがな!

「なんでツアー・タイトルが“SPICE BOYS”なんだろ? そういえばベースの(小原)礼さんが、仙台の牛タンについてるヤツ(注:スパイシーな青唐辛子)を食べ過ぎて、お腹壊しました」とMCも絶好調。
「今度出るオレのアルバム聴いて、何人か引退したら、ごめん」と『O.T. Come Home』への超自信の宣伝コメントを発表。キーボードの斎藤有太さんは笑って聞いてました。

アンコールではいつもの“音楽の楽しさで笑わせる高等テクニック”を披露。

もう充分に完成しているのに、このツアー、どこまで進化するのやら。

あまりの感動に、楽屋にパソコンを忘れてきてしまった平山であった。

(写真は、ツアー・スタッフ・パス。OTの指先からET電波が出とりま す)

府中見参!

20131105165435.jpg
神奈川に行けなかったのは残念。

なので今日は府中にやってきました。

駐車場にはツアートラックがあって、よくゲネプロに使われるこのホールは何やら懐かしい感じ。

さて今日のOTはどんなかな。
楽しみだあ!

追伸 EMTG MUSICにはOTコーストのライター森さんによる素敵なライブレポートがアップされてるので、チェックよろしく!
平山も中野は書くぜっ

(写真はツアートラックのバックショット)

【“袖の下”絶好調】

201103281921.jpg
“阿部義晴と平山雄一の のびろ!!袖の下”第4回目がアップされましたぁ。

なんと、初のゲストが“ワイロ”を持参して登場。

さてさて、どんな盛り上がり?

業界の大反響は必至!

チェック、よろしくぅっ!!

(写真は、袖下王子?!)

【OT劇的進化】

20131019154603.jpg
三郷、楽しかったぁ。

ステージセットはOTにしては珍しくカラフル。

ちょっとサーカスみたいな感じ。

その中で個性的なメンバーは、猛獣使いやら、空中ブランコ乗りやら、ピエロやらってイメー ジ。

「余計なことは考えず、音楽を楽しむだけ」とキッパリ言い切るOT団長のロック・スピリッツが炸裂するライブだった。

中で珍しかったのは、MC。

たぶん今までのツアーの中では、おしゃべりパートは最長なんじゃないかな。
しかもすごくおもろいし。

これは、劇的進化?!

演奏時間が短くて、コーストでブーイングを浴びたからって噂もあるけど(笑)。

とにかく今回の“SPICE BOYS”ツアーは、無事テイクオフ。

ギターソロもたっぷり聴ける、最高のツアーになりそうだ。

さて次はどこにお邪魔しよかな!!
広島がクライマックスシリーズで負けちゃった夜であった。


(写真は、スペシャル・プリントのバックステージ・パス)

【三郷OTには這ってでも!】

201201201802.jpg
平山、ちょっとスネとります。

9月は、くるり音博のサンフジンズを見逃し、

さらに10月は、待ちかねた“SPICE BOYS”ツアー初日の新木場コーストも別件があって行けず。



「風は西から」のカップリングの斉藤和義さんとのデュエット「歌うたいのバラッド(Live)」を煙が出るまでヘビロしてる毎日であります(泣)。



三郷には絶対に行っちゃるからなぁ!

そしたら報告しますね〜!!



あ、それと阿部さんとの「のびろ!!袖の下」の次の収録がそろそろあります。

絶好調連載もお楽しみに。



(写真は、札幌の某ラーメン店に飾ってあるOTのサイン。懐かしい・・)

【阿部義晴&平山連載番組】

201308161704.jpg
口は悪いがワイロ(袖の下)に弱い二人のぶっちゃけトーク番組「のびろ!!袖の下」が今日からスタート!

http://music.emtg.jp/emtgStream/2013090260392f549

ぶっちゃけ、若者たちの音楽活動を応援してきまっす。

ワイロ、よろしくぅ!



さらに今日の夜中にはOTのニューシングル「風は西から」のレビューがEMTG MUSICでアップ予定。

名曲だぜっ。

特にオマケに力を入れて解説してまっす。

チェックしてみてみてみ!!



(写真は、ライジングサンでのOT一発目の斎藤有太さんのステージ風景)

てっしー50 祭レポアップしました

201308111800.jpg
ライブ前後にコメントを入れた新機軸はどない?

さて次はどこに出撃しよーかな♪

(写真は武道館には登場しなかったOTの秘密兵器。平山は使用シーンを見てないので残念!)

【手島いさむ50 祭レポ近日公開】

201308271820.jpg
てっしー尽くしの一夜、楽しかったあ!

電大はもちろん、てっしーのルーツから、隠れた素顔が見えたりして、50年の歳月を乗り越えてきたミュージシャン手島いさむに、
ちょっと近づけた感じ。



もちろんユニコーンの面々は、そんなてっしーに心からの祝福を贈る。

感動&爆笑のお祭り騒ぎのレポは、今週木曜日あたりにアップ予定。

お楽しみに〜!!


(写真は、てっしー一色の武道館入口付近)

本日は手島いさむ50 祭

201210211605.jpg
行きますよ。
行きまんがな。

てっしー、おめでとさん!!

(写真は、特製ツナギ着用のある日のてっしー)

【北国のOT 速報】

201308161845.jpg
北海道にしては蒸し暑い中、会場全体の把握を兼ねて、いちばん奥のライブ会場、ボヘミアン・ガーデンまで歩く。

斎藤有太さんのソロ・ライブが、OTのこの日最初のステージだ。

パーカッションと4人のストリングスに混じって、OTのアコギが冴える。

有太さんのロマンティックな歌詞と、有太&OTの絶妙のハモ、そしてもうひとりのゲストCHARAのハスキーな声にうっとりしていると、なんとそこにYO−KINGが乱入。

森に囲まれたしっとりムードが、一転して友達同士の楽しいライブになった。



続くレッドスターフィールドは、OTバンドの面々が久々に顔を揃える。

セットリストは「悩んで学んで」など、かなりマニアック。

だからこそ、湊雅史さんのドラムが炸裂して、渋くてかっこいいライブとなった。



3個目は、仲井戸CHABO麗市さんのセッションに登場。

ドラムス中村達也、ベースKenKenという強力なリズムセクションを従えて、OTが名曲「ドカドカうるさいR&Rバンド」を魂込めて歌い出す。

すると声に清志郎さんのスピリットが乗り移ったかのように、オーディエンスをグイグイ引っ張っていく。

オリジナルのキーを大切にする、耳のいいOTだからこそのパファーマンスに、平山は思わず涙してしまったのだった。
ライブ後、「清志郎さんのキーは高いんだよ」と嬉しそうにOTは語っていたが、OT自身がいちばん何かを感じたライブだったと思う。



その感激のせいで、平山は最終ステージのサンフジンズの前にエネルギー切れ。

残念ながら見逃してしまったのだった。



ま、でもサンフジンズは秋の京都へ観に行く予定。
楽しみ、楽しみ。
(写真は、ライジングサン制作本部の入り口。なんと“あまちゃん”のポスターが・・・じぇじぇじぇ!)

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

qrcode

PR